HOME > 製品ラインナップ > スピーカーケーブル > 7N-S1040 leggenda
製品ラインナップ カタログダウンロード
7n-s1040_leggenda
いま、新しい伝説が始まる。核心は継承、新生レッジェンダ シリーズ始動
7n-s1040_leggenda

製品紹介
急速なハイレゾリューション化の潮流は高域サイドに衆目を惹き付けるが、実は低域側でのメリットはよリ大きい。茫洋な量ではなくクリーンな音程表現や演奏テクニックを見せつけるからだ。「歓喜の歌」の旋律は第九全体の中でコントラバスとチェロとで最初に明快に奏されるのだが、しかしなぜそうなのか?それまで無数の断片によって予感されて来た旋律が低音楽器に集約される。ベートーヴェンの本音は低音にあるのではないか。そんな考察さえ導いてくれる。良いケープルに換えるとそれが格段と鮮明に音になるのです。ケープル素材はすでに、その結晶方向までもが可視化され、極めて高度なフィールドヘ。7Nという脅威の素材はエネルギー分散型X線分光の(EDS)を装備した電界放出形走査電子顕微鏡の(FE-SEM)によって、結晶方向の可視化に成功、純度や結晶粒の大きさなどでは説明しきれない音の違いを「方向性」という観点から解明、銅線の加工.熱処理プロセスを初期段階から再構築することで誕生しました。 アクロリンクが今回リリースする新製品7N-S1040 LeggendaはS1040シリーズのデザインコンセプトを継承しながらさらに大きな進化を遂げています。ホット側、コールド側ともにアクロリンク独自のストレスフリー加工を施のLたD.U.C.C.7NCuによる0.37φ50本という瞬時の音の奔流をクリアする物量を投入、各々の撚リ方向を各々右巻きと左巻きにして高密度に撚リ上げ、これに静電除去効果を発揮するシルク糸を沿わせてからアクロリンク独自のポリオレフィンで芯線化し、線間を密着させることで根本的にノイズに強い構造として、その上、線間には電磁波吸収非磁性糸を配置、ノイズ除去効果をよリー層高めてながら制振効果を強化するタングステンとアモルファス素材を練リ込んだ高分子ポリオレフィンによる介在層ででいったんこの2本を一体化。 これに“網”ではなく銅箔テープを巻いてシールド効果をよリー層万全に整えて、パールホワイトいう美しい容姿に仕上げています。オーケストラでは弦楽器1本1本の動きが見えるような解像力、微小信号の緻密な表現力。奏者の技量が克明に再現されることで立ち上がる音楽の実像。ピアノ1+バーカッション1+ベース0.5感の強かった(?)ピアノトリオもいまはっきリとの1x1x1として生き返ることでしょう。超高域まで伸びきったクリアな音像と深々と精神の根底に響く重低音。広大な周波数特性とダイナミックレンジが再現するオーケストラの楽器の明快な位置関係。その響き。集中感。類い稀なシールド効果によって音が汚されないと何が起きるか、といういままた始まるの”発見の”の伝説です。
断面構造図

製品仕様
【ケーブル】    
外形寸法 13.2Фmm
導体 7N D.U.C.C. Stressfree 0.37φ×50本×2(赤・白)
絶縁体 高分子ポリオレフィン系樹脂
介在層 制振材入り高分子ポリオレフィン+タングステン粉体+アモルファス粉体
シールド 銅箔テープ
シース 鉛フリーPVC
導体抵抗 2.8mΩ/m
静電容量 76pF/m

希望小売価格
7N-S1040 Leggenda 1巻/30m ¥12,000/m(税別)

代表分析値の例
Fe Ni Si Al
0.03 0.003 0.04 0.005
S Ag Na K
0.05 0.04 0.004 0.005未満
U Th H O
0.0002未満 0.0003未満 0.03未満 1.0未満
Typical Analysis(impurities) ppm/GD-MS Gas Analysis
銅の純度測定は、材質の銅の含有率を直接測定するのではなく、銅の中に含まれる不純物を測定して、不純物の使量比率を100%から差し引いた値で示しています。
グロー放電微量分析装置を使用して、数十種類に及び不純物をすべて測定し、音質に与える影響が大きい不純物成分を上記のように表示しています。
●このカタログに掲載されております製品の写真と実際の色は、印刷の関係で異なる場合がありますので
お求めの際は店頭でお確かめ下さい。
●このカタログに掲載されております製品は、改善のため予告なしに、設計、仕様、外観、デザイン、
価格等の変更を行う場合があります。
●「ACROLINK®」「Stressfree」は、株式会社アクロジャパンの登録商標です。
●「D.U.C.C.®」 は三菱電線工業株式会社の登録商標です。
↑ ページのトップへ