HOME > 製品ラインナップ > 7Nケーブル > 7N-A2080 Leggenda
製品ラインナップ
7N-A2080 Leggenda

A2080 はアクロリンク「原器」の称号。導体純度7N=99.99999% 以上。 直径0.24mm 素線×25本、リッツ線仕様。XLR/RCA アクロリンク・オリジナル端子を装着。 アナログ・デジタルに極上の音空間を展開する第4世代、誕生。

INTERCONNECT CABLE RCA INTERCONNECT CABLE XLR DIGITAL CABLE AES/EBU

製品紹介
“2080”という型番は今日ではアクロリンクにとって「音の原器」「金字塔」というべき特別な名称となっています。かつて8N-A2080 Performanteというわずか199セット限定のケーブルがありました。すでに再生産は不可能となり、厳重な管理下で保持されていた貴重なアクロリンクStresfree 8N Cuを使用した究極のケーブルでした。大きな特長は素線1本1本を被覆するリッツ線としたことでした。純度か、構造か、という点では構造に属するリッツ加工ですが、その効果は絶大でした。その「音」は製品開発室でのみ今も試聴可能(非公開)であり、最高の「現役」です。繊細でしなやかで力強く弾力に富み、色彩は知的で、陰と陽の階調は限りなく、響きは天空を舞い、なにより「情」を伝える「音」でした。その「音」を正統に継承するD.U. C. C. Stressfree 7N Cuを用いて新たな周辺技術と素材をリンクしてさまざまなブラッシュアップを纏っていま、Leggendaラインに“A2080”の銘を冠するにふさわしい仕上がりの「名器」誕生です。

導体はD.U.C.C. Stressfree 7N Cuリッツ線加工の直径0.24mm×25本。総断面積は約1.069スケア。ストレスフリーは、あまりに大きな外力でない限り組織を健全な状態に自動復元する世界でも唯一のケーブルです。さらに電流が流れることによってセルフアニールが促進され残留歪が減少、高音質を長期にわたって健全に維持します。この素線を高純度ポリエチレンで被覆し芯線とし、電磁波吸収非磁性糸とシルク糸を沿わせて導体にもっとも近いエリアで微小ノイズを最終的に吸収排除。これを制振材入りハイブリッド高分子ポリオレフィン系樹脂により1本化。さらに銅箔テープ、7N導線編組、Noise BEATRテープ、UEW交織編組というクァッドシールド層を形成して、耐UVポリウレタンで外形11mmに仕上げています。そしてRCAピンプラグにはホット側に導電率がこれまでの最高値をクリアするベリリウム銅50、コールド側には実績あるリン青銅。これらを2回の磨き上げ後、厚肉銀メッキと高品位ロジウムによるメッキ仕上げとし、ボディにはアルミニウムとカーボンファイバー、航空機素材として有名な超硬ジュラルミンの3種の素材によって、不要振動を限りなく抑制しています。XLRコネクターには高品位ダイレクトロジウムメッキ処理が施された高音質ティルル銅(ホット)およびベリリウム銅50(コールド)を採用。ボディには無垢材から削り出した真鍮にカーボンファイバーを組み合わせたアクロリンクならではの高精度高品位コネクターとなっています。尚、7N-A2080 LeggendaのXLR仕様のインターコネクトケーブルは、コネクターがインピーダンス特性110Ωに適合している為、デジタルケーブルAES/EBUとしてもご使用頂けます。
*AES(Audio Engineering Society : オーディオ技術者協会)/EBU(European Broadcasting Union :欧州放送連合)

D.U.C.C.:Dia Ultra Crystallized Copperは三菱電線工業株式会社開発によるオーディオケーブル用高純度銅導体で、結晶粒を一般的な純銅の数十倍以上まで大きく成長させ、かつ結晶格子の方向性を揃えた素材です。結晶粒は大きいほど結晶粒界(結晶と結晶の境界面)が少なくなり、音質上のメリットは大きいのですが、金属の結晶には方向性がありこれも揃える必要がありました。X線照射による解析現象によりその方向性は観測できますが、母線、伸線工程、アニール(焼鈍)などの製造工程を最適化することで「オーディオ信号の伝送に最適な方向性」を具えた極めて優れた線材が完成したのです。

独創のストレスフリーの7N Cu : アクロリンクのストレスフリー製品は独自の特殊焼鈍処理と高純度銅の特性により、あまりに大きな外部応力でない限りセルフアニール現象で組織を健全な状態に復元することを実現した世界でも唯一のケーブルです。伸線加工後の加熱処理時点で原子配列の転移は通常の4N 銅に比べ1/10 億のオーダーを達成、結晶粒の数も1/80〜1/100となっています。さらに電流が流れることによってエ一ジング=セルフアニール環境が促進され残留歪が減少し組織が健全に回復して、より高音質化するのです。
断面構造図

製品仕様
●ケーブル
外径寸法 11.0mm(直径)
中心導体 D.U.C.C. Stressfree 7N Cu リッツ線 0.24Φ×25本撚り 2本(白×2)
絶縁体 ポリエチレン系樹脂
内シース 制振材入りハイブリッド高分子ポリオレフィン系樹脂(タングステン+アモルファス混合)
シールド 銅箔テープ+7N銅線編組+ノイズビートテープ+UEW編組
外シース 耐UVポリウレタン
導体抵抗

18mΩ/m

静電容量 57pF/m
インピーダンス特性 110Ω(XLR・AES/EBU)
●RCAプラグ
センターコンタクトピン ベリリウム銅50
コールド リン青銅
メッキ 2回磨き上げた後、
厚肉銀メッキ(1.5μ)+高品位ロジウムメッキ(0.3μ)
ボディ アルミニウム+カーボンファイバー+ジュラルミン
●XLRコネクター
コンタクトピン オス側:中空構造ティルル銅 メス側:ベリリウム銅50
メッキ ダイレクトロジウムメッキ
ボディ 真鍮 + カーボンファイバー

希望小売価格
7N-A2080 Leggenda INTERCONNECT CABLE RCA 【1.0m×2本】209,000円(税込)
【1.5m×2本】277,200円(税込)
7N-A2080 Leggenda INTERCONNECT CABLE XLR 【1.0m×2本】209,000円(税込)
【1.5m×2本】277,200円(税込)
特注品(ケーブル延長) 0.5m増す毎の追加料金
68,200円(税込)/2本
     
7N-A2080 Leggenda DIGITAL CABLE AES/EBU 【1.0m×1本】104,500円(税込)
【1.5m×1本】138,600円(税込)
特注品(ケーブル延長) 0.5m増す毎の追加料金
34,100円(税込)/1本

代表分析値の例
Fe Ni Si Al
0.03 0.003 0.04 0.005
S Ag Na K
0.05 0.04 0.004 0.005未満
U Th H O
0.0002未満 0.0003未満 0.03未満 1.0未満
Typical Analysis(impurities) ppm/GD-MS Gas Analysis
銅の純度測定は、材質の銅の含有率を直接測定するのではなく、銅の中に含まれる不純物を測定して、不純物の使量比率を100%から差し引いた値で示しています。
グロー放電微量分析装置を使用して、数十種類に及び不純物をすべて測定し、音質に与える影響が大きい不純物成分を上記のように表示しています。
● このカタログに掲載されております製品の写真と実際の色は、印刷の関係で異なる場合がありますのでお求めの際は店頭でお確かめ下さい。
● このカタログに掲載されております製品は、改善のため予告なしに、設計、仕様、外観、デザイン、価格等の変更を行う場合があります。
●「ACROLINK®」「Stressfree®」は、株式会社アクロジャパンの登録商標です。
●「D.U.C.C.®」は、三菱マテリアル株式会社の登録商標です。
●「NoiseBEAT®」(ノイズビート)は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
↑ ページのトップへ
カタログダウンロード