HOME > 製品ラインナップ > インターコネクト > 8N-A2080 Perforemante
製品ラインナップ カタログダウンロード
8N-A2080 Performante

たとえるなら、ワンポイントかマルチマイク録音か、だ。どちらでも最良の結果は可能である。オーケストラの各楽器を埋没させずに録りながら、なおかつ全体としてのまとまりをも完成させる。リッツ線8NCuxストレスフリー・・・。今、夢の限りを尽くす!

8N-A2080 Performante

製品紹介
かつて日本に爆発的なオーディオブームがありました。その時生まれた日本発の技術的発明の数々は今日、姿を変えながら脈々と生き続けています。デジタルオーディオの始まりもこの時代。 ケーブル分野も同様に純度の追求はアクロテックによって6N(99.9999%)が達成されました。それは画期的な音でした。もちろんオーディオケーブルは純度だけでは成り立ちません。 導体自体の抵抗(レジスタンス)、導体周囲の静電容量(キャパシタンス)、磁場(インダクタンス)、絶縁体の温度特性(コンダクタンス)など・・・。 これらはそのメリットとデメリットが相反するかのように音に影響、信号伝送の遅延と損失に繋がります。それは高周波領域の現象の場合でも低周波領域にある人の可聴帯域の音として耳に聴こえるのです。 アクロリンクにおけるリッツ線仕様のケーブルの研究開発では、6N時代から8NCu完成時期を通じて試作を重ねられましたが、リッツ線独特の諸問題のクリアと、それに伴う当時としては法外とも言える想定販売価格ゆえに製品化を断念。素線自体に絶縁体コートした導体はそのまま理想的な環境に保管されてきました。 ハイレゾなどのテクノロジー環境の進展により、その存在意義が認知されうる時代に進化した今、むしろその時間差が功を奏したともいえる199セット限定リリースです。

●8N Cu(リッツ線化加工): アクロリンクの前身アクロテックが世界で初めて工業的に量産化を実現した超高純度Cuです。現在ではその生産設備は解体されており、再構築再生産の予定はありません。リッツ線化のための素線1本1本にコーティングされる絶縁体の素材や工程にも細心の注意が払われています。

●独創のアクロリンク・ストレスフリー加工: アクロリンクのストレスフリー製品は独自の特殊焼鈍処理と高純度銅の特性により、あまりに大きな外力でない限りセルフアニール現象で組織を健全な状態に復元することを実現した世界でも唯一のケーブルです。伸線加工後の加熱処理時点で原子配列の転移は通常の4N銅に比べ1/10億のオーダーを達成、結晶粒の数も1/80〜1/100となっています。さらに電流が流れることによってエージング= セルフアニールが促進され残留歪が減少、組織が健全に回復して、より高音質化するのです。

●アーキテクチュア: 導体はリッツ線加工の直径0.24mm線を25本撚り。断面積は約1.1sq。天然シルクを沿わせてポリオレフィンで芯線とし、同一芯線2本の近接位置にさらに天然シルク糸を配置。これを制振材入りハイブリッド高分子ポリオレフィン系樹脂によりにより1本化。さらに銅箔テープ、7N銅線編組、ノイズビートテープ、UEW交織編組という最強のシールド層を構成して耐UVポリウレタンで仕上げています。

●コネクター: RCAコネクターには導電率がこれまでの最高値をクリアするベリリウム銅50を採用。さらに2回の磨き上げ後、非常に厚い銀メッキ(1.5μ)およびロジウムメッキ(0.3μ)で仕上げています。ボディにはカーボンファイバーとアルミの組み合わせのピンプラグカバーを使用、振動を限りなく抑制しています。XLRコネクターには高品位ダイレクトロジウムメッキ処理が施された高音質ティルル銅(オス)およびベリリウム銅(メス)を採用。ボディには無垢材から削り出した真鍮にカーボンファイバーを組み合わせたアクロリンクならではの高精度高品位コネクターとなっています。

断面構造図


製品仕様
●ケーブル
外形寸法 11.0mm(直径)
中心導体 Stressfree 8N Cu リッツ線 0.24Ф×25本撚り 2本(白・黒)
絶縁体 高分子ポリオレフィン系樹脂
内シース 制振材入りハイブリッド高分子ポリオレフィン系樹脂
(タングステン+アモルファス混合)
シールド 銅箔テープ+7N銅線編組+ノイズビートテープ+UEW編組
外シース 耐UVポリウレタン
導体抵抗 19mΩ/m
静電容量 57pF/m
インピーダンス特性 110Ω(XLR)

●RCAコネクター
センターコンタクト ベリリウム銅50
コールド リン青銅
メッキ 2回磨き上げた後、銀メッキ(1.5μ)+ロジウムメッキ(0.3μ)
ボディ アルミニウム合金+カーボンファイバー+ジュラルミン

●XLRコネクター
コンタクトピン オス側:テルル銅 メス側:ベリリウム銅50
メッキ ダイレクトロジウムメッキ
ボディ 真鍮+カーボンファイバー

希望小売価格
8N-A2080 Performante RCA 【1.0m×2本】 200,000円(税別)
【1.5m×2本】 267,000円(税別)
8N-A2080 Performante XLR 【1.0m×2本】 200,000円(税別)
【1.5m×2本】 267,000円(税別)
特注品(ケーブル延長)  0.5m増す毎の追加料金67,000円(税別)/2本
●XLRタイプはインピーダンスが110Ωとなっており、AES/EBU規格に対応するデジタルケーブルとしてもご使用いただけます。
8N-A2080 Performante AES/EBU 【1.0m×1本】100,000円(税別)
 ※特注品(ケーブル延長)0.5m増す毎の追加料金33,500円(税別)/1本
●このカタログに掲載されております製品の写真と実際の色は、印刷の関係で異なる場合がありますのでお求めの際は店頭でお確かめ下さい。
●このカタログに掲載されております製品は、改善のため予告なしに、設計、仕様、外観、デザイン、価格等の変更を行う場合があります。
●「ACROLINK」「Stressfree」は、株式会社アクロジャパンの登録商標です。
●「NoiseBEAT®」(ノイズビート)は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
↑ ページのトップへ